大腸の内視鏡検査の受け方

おなかの調子が良くないと感じられる場合は、ぜひ大腸の内視鏡検査を受けてみることをおすすめします。この検査は肛門から内視鏡を挿入する必要があるため、検査を受ける前には事前にきちんと準備しておかなければなりません。まず前日には早めに消化の良い夕食を少しだけ食べてからしっかりと休みます。検査当日には食事や飲み物の摂取が禁止されており、病院では下剤を飲んで大腸をきれいな状態にします。検査台では鎮静剤が注射されてから、内視鏡が肛門から挿入されます。大腸内の様子がモニターに映し出され、医師がそれを確認しながら検査が進められます。患者の状態により異なりますが、一般的には数十分で検査が終了します。検査が終了すると横になった状態で少し休んでから身支度を整え、医師から検査結果が伝えられます。検査後は便に血が混じることがあります。

大腸の検査~内視鏡~

最近なんとなくお腹のあたりが痛いとか、便通がよくない人、ましてや便に赤いものが混じっているのを発見したというような場合には、すぐに外科に掛かることをお勧めします。時には大腸がんなどといった、想像もしていなかった重大な病気を抱えているということも無い話ではないからです。外科の先生に検査をしてもらう際には、たいていの場合に内視鏡を使うのが現在では多くのケースです。内視鏡というのは、体の中にレンズ付きの管のようなものを挿入して、奥の方までくまなくチェックをすることができるという、画期的な検査となっています。レントゲンやMRIなどのように、静止した状態の写真ではなく、実況生中継といった感じでお医者さんが、カメラで現在の状況をそのままに確認することが出来るために、よりよく病気の発見などをすることが出来ます。

大腸のがんの発見のために内視鏡検査

がんは不治の病として恐れられていました。がんを宣告された時は死を意味するといわれたことがあります。そのため患者に告知されないことがありました。今はどうかですが比較的宣告されるケースが多くなっています。そして積極的に治療をするように勧められます。なぜかですが治すことができるからです。それも早期であればあるほど治療がしやすくなるといわれています。大腸のがんを早期に発見する方法として内視鏡検査を勧められることがあります。通常病院に行ったり治療をしようとするときは何らかの痛みがある、違和感を感じたときです。体の表面のことは比較的早い状態でも出てくれることがありますが、内部のことはあまりすぐには出てくれません。そのためがんができていても気が付かないことがあります。直接見ることで早期発見ができ、早期治療を始められます。

女性にとって、大腸内視鏡検査は抵抗があるものかもしれませんが、女性のがん死因の1位が大腸がんであることを考えると積極的に受診すべきです。 高血圧やメタボリックシンドロームなど生活習慣病外来の診察を保険内にて受診することが出来ます。 他のクリニックよりも割安な特別料金でさまざまなサービスを提供し、満足いく診察内容を提供しているので是非お越しください。 大腸の内視鏡の検査は当クリニックで