大腸の内視鏡検査はそれほど苦しくない

大腸の内視鏡検査はそれほど苦しい検査ではありません。唯一大変だと感じるのは、下剤が入った水2リットルを飲むことくらでしょう。それでも普段から水を飲む習慣がある人にとってはほとんど問題なく2リットルの水を短時間で飲めてしまいます。そして、便意を感じてトイレに入るわけですが、だいたい5回から10回くらい水様便をするとほとんど透明に近い色になってきます。そうなればすぐにでも内視鏡検査ができる状態として待機することになります。数人から十数人によるグループで水を飲んだりトイレに行ったりしますから、早いもの順で検査を実施することになります。もし一番に便が透明に近くなった人はすぐに内視鏡検査の準備に入ります。最初は肛門を見られることに抵抗があるかもしれませんが、問題なく腸にカメラが入ってからは、モニターを見る余裕も出てきます。

大腸の内視鏡検査が主流となっています

大腸の内視鏡検査というのは、一番、気軽にできます。大腸という部位は、比較的、鈍感な部位ですし、下痢や腹痛の少ない検査です。場合によっては、バリウムなしで検査できる時もあります。事前に検査方法がありますし、色々と方法がありますし、医療機関によって、違いが多少ありますが、基本的には、前日に断食して行います。断食するのを忘れないようにする事が重要です。断食と検査前の注意事項が重要です。しかも多くの場合断食と検査前の食事に気を付けることが多いです。詳細は、医療機関で注意事項があるように検査前に注意する事が多いです。検査が始まると苦痛感もなく、終了するのですが、場合によっては、下痢が止まらない等、少し、下痢気味になる事もあります。日数経過に伴って、改善しますので、問題なく検査受診できます。胃カメラよりも苦痛なく受診できる検査とされています。

大腸の内視鏡検査について

大腸の内視鏡検査に関して、最近では、簡単にできるようになっています。患者の苦痛なく検査できるようになっています。注意することは、夕食は午後5時頃までに消化の良いものを少量食べるように指示されます。早めの就寝を心がけて、検査の前日は就寝します。検査の当日は、食事、飲料水、たばこ、薬も禁止です。そして、着替えやすい服装で行くのがベストです。下剤による前処置が必要ですし、指定された時間に病院へ行きます。検査当日は、前処置室では、大腸を綺麗にする下剤を飲みます。数回に分けて合計2リットル程度飲みます。飲めるだけ飲むように指示されます。何度かトイレに行くと液体のような便になります。検査着に着替えます。検査代に横になります。鎮静剤を注射されます。場合によっては、大腸の緊張を緩和する薬を注射します。検査が始まると、肛門から内視鏡を挿入されます。力を抜いてリラックスします。検査は数十分で終了します。流れとしては、比較的、気軽にできる検査です。